初めての昼下がり1

私は、結婚して18年経つまでは、極、平凡な妻であり母でした。
勿論、独身時代には、それなりの恋愛もし、男性経験も10人余りありましたが、格別、SEXが好きというほではありませんでした。
夫との性生活も同年代の夫婦に比べれば、多少、多いかもしれないけど、滅茶苦茶萌えるという事も無く、それなりに確かめ合う行為に成りつつありました。
変わり映えのしない仕事と家庭生活で、日々、忙しい事を除けば、取り立てて不満も無く平凡で幸せな日常を送っていました。
そんな頃、私の携帯に出会い系サイトから頻繁にメールが、入るようになりました。最初は、私には無縁の世界だと思い、開きもせず消去していました。
でも、何の予定も無い休みのある日、ほんの興味本位で登録し、カキコミしてしまいました。
初めてのカキコミには、数え切れないほどの見知らぬ男性からのメールが、サイト経由で送られてきました。
あまりに頻繁に着信するので、着信音をサイレントにしなければ、ならないくらいでした。
当時は、今のように地域別になっていなかったようで、全国各地にメル友が出来、それなりに楽しく顔も知らない男性とメールで時めいていました。
中には、電話番号を交換して、時折、お話をする人もいました。
増減はありましたが、常時、10名程度のメル友と他愛の無い言葉遊びや時には、少しHな話題に興じました。
一年余り、そんな風に危険のないメル友遊びにハマっていました。
しかし、次第に言葉遊びでは物足りなくなり、地域別の出会い系サイトにアクセスし、新たに登録してカキコミをしました。
この時も、カキコミした直後から、数十通のメールが、送信されてきました。
その中から、興味を引いた人を数人選別し、返信しました。
何度か、サイト経由でメールをやり取りすると、皆さん、ポイントが少ないから直アドでとおっしゃるので、そんなものかと躊躇いも無くアドレス交換してしまいました。
会える距離のメル友とのメ-ルは、会いたい。いつなら会える?という内容に、すぐに変わっていきました。
私も他所の男性とお茶くらいしてみたいなぁと思い始めた頃、隣街に住む5歳年下の男性から、熱心にアプローチされ、ついに承諾してしまいました。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 6:16