溺れた私3

ところがS君が冷静に聞くと笑っちゃうんだけど「これは性欲処理だから大丈夫」って言うんです。「れいこさんも興奮しているだろ?これはお互いがお互いのアソコを使っってする性欲処理だから浮気じゃない」っていうんです。これはもうトドメでした。コンドームなかったけど挿れたい一心で出来ちゃっても夫クンの子供にするか、離婚もしょうが無いかと思う位でした。かなりデカイので少し痛いかなと思いましたがスンナリ入っちゃったので自分のアソコいやらしいなぁ・・って生まれて初めて自分に欲情を覚えました。大きいチンチンとやって初めて判ったことは自分のアソコいっぱいいっぱいになるので形がリアルに感じる事と今まで擦れないない様な場所まで擦れるのでかなり気持ちが良くもうS君が10回位腰を振るだけでいっちゃいました。S君がいくまで30回近くいかされたと思います。後で考えた時言葉上手に「旦那のチンポとは比較できない位凄い」とか「虜になっちゃう・・」とか色々言わされたことがいきやすくなったひとつかなと思いました。カーSEX初めてだったし・・・。ずーっとせ正上位でしたんだけど「最後はれいこさんの長くてエロい舌で唇を舐めて」って言われて自分の中では凄くSEXYにしてあげたらS君は「そのエロい舌で何人を駄目にして来た?」っていうから2人しかSEXしてないけど「たくさん・・」「そのぽってりしたエロい唇で何本のチンポを廃人にしたんだ?」「ンフフ・・」笑うとS君は「いくぞいくぞそのいやらしい口にだすぞ!ぶちまけてほしいか?」って言うから「お口の中にぶちまけて~・・・」いうと私の口に出しました。私もしっかり受け止めました。パンツだけ脱いでしたからしょうが無いのもあったし服に精子つくとまずいから口の中に出して貰いました。でも凄く気持ちよくしてもらったので飲んであげました。
今まで体験したSEXが幼稚に思える位気持ちの良いSEXでした。
でも帰り道余韻が冷めてくるにしたがって子供や夫クンや実家の家族に申し訳ない気持ちでいっぱいになりどんどん無口になってゆきました。家についたころは沈黙の世界で
S君の車から逃げる様に降り「今度いつ逢える?」って言われたけど無視しました。
すぐに家に入り子供はもう寝てましたが逢う前にキレイな体にしようと思いまずお風呂に入りました。お風呂に入りながら今日のアリバイをどうつくろうかとか、帰ったら夫クンに優しくしてあげようとか思いました。でもさっきの凄いSEXを思いだして少しムラムラして来たのでオナニーしちゃいました。自分の中では忘れるためのけじめのオナニーでした。その夜は子供に寄り添うようにしてねました。
これで終わり・・・
でもそうはいかない事が翌日に起こりました。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 6:52