先輩の彼女とPCゲーム

今から15年ぐらい前の話か。
大学院に入ったばかりの頃だったが、俺は、まだズルズルと
サークルをやっていて、その日は夕方から、2個上の大学院の
先輩と、その彼女(恵利)と、3人で部室まで行く用事があった。

5時ぐらいに俺の部屋で待ち合わせようって約束だったんだが、
恵利は4時半過ぎには俺の部屋に来てしまった。で、一応、あがって
もらって先輩を待つことにした。

俺は、待つ間、パソコンでシ●シティをやってたんだが、
恵利がそれにとても興味を持ちだした。
「ねえ、タカさん」 タカさんって俺ね。
「ん?」
「これ、都市開発するやつ?」
「ああ、まあ、そういえばそうかな」

面倒なので恵利のスペックをまとめて先に言っておく。
恵利は学年が俺の2つ下で、当時大学3年生。建築学か何かの
ゼミに入っていた。顔は今で言うとスケートのミキティかな。劣化前の。
胸もミキティぐらいで、服の上からでもたっぷりあるのが分かる。
霞ヶ関の官僚の娘か何かで、早く言えばお嬢様だな。
しかも、自分でも車を乗り回して元気が売り物のような篤姫みたいな感じ。

その恵利がシ●シティを猛烈にやりたがり、
パソコンを占拠しだした。俺が作った街をぐちゃぐちゃにされるのが嫌だったので、
「ちょっと待って。セーブして新しいの始めるから」と言いながら
恵利の右側に座りマウスでパソコンを操作した。
ちなみにパソコンはテーブルの上に置いてあって、床に直接座って使っていた。
だから、恵利と俺は床の上に並んで座ってパソコンを見ていたことになる。

恵利はシ●シティが楽しいらしく、目を輝かせて画面を見つめている。
俺 「で、家作ったら、工場、作らないとダメじゃん。働くとこないし」
恵利「え、でも公害出るんでしょ。公害はダメ」
俺 「だから、そしたら公園作るんじゃん」
恵利「公園かあ。公園は良いねえ」

とか言っているうちに、俺は、はじめて、恵利が薄手の上着の下は
ノースリーブの薄いタンクトップみたいしか着ていないことに気がついた。
だから、ちょっと視線を恵利の方に向けると、恵利の胸の谷間がはっきり見える。
「消防署は絶対作らないといけないの?」
「ああ、これ何で人口減っていくの!」
理系女の恵利は飲み込みが早く、シ●シティにのめり込んでいる。

俺は恵利の胸に、もう完全に釘付けになっている。
胸にうっすら汗が浮かんでいて、とてもエロい。
恵利の目は画面に釘付けで俺が胸を見ていることに気づかない。
恵利の匂いも、赤ちゃんみたいな、ミルクみたいな、とても良い香りだ。

すると突然。
「いやああ! 何これ! 何これ!」
恵利の都市をハリケーンが襲ったため、恵利がいきなり大声を出す。
「ああ、何、火事発生したじゃん! いやああ」と、体をよじり、もがきだす。
そして、俺の方に体を少し寄せて、もたれかかろうとする。
恵利の長い髪が俺の鼻先にかかり、恵利の匂いがいっそう強く漂った。

もう限界だ。俺は体を開いて、恵利を抱き寄せた。
「え?」
俺は恵利を後ろからはがい締めにする感じで抱きしめた。
意外に小さい。恵利はこの展開を理解できず、言葉を発しない。
俺は、左手を恵利のタンクトップの首側から差し込んで
恵利の右胸を触る。ブラもあったが、すんなり手が入った。
小振りなような重量感があるような、ともかく手にすっぽりと
収まる感じとその体温は、少し冷めた肉まんのようだった。
「ああ。」

恵利が何か言いそうになるので、思わずキスをした。
恵利の口をふさぐように、ともかく口を合わせた。
俺は訳が分からなくなって、恵利の口の中に舌を押し込んだ。

意外だったのは、恵利の口の中に押し込んだ俺の舌に、
恵利が舌を絡めてきたことだった。
条件反射でキスの時には舌を絡めるように仕込まれているようだ。

俺のジュニアはもうギンギンになっている。
恵利がマウスに置いていた右手を、俺のジュニアにもっていく。
--抵抗しない。
恵利の右手をとって俺のジュニアをさわらせ、さするように動かす。
恵利は俺のジュニアの固さを確かめるように軽く握ってきた。

恵利を抱きしめる俺の腕に力が入る。
左手を恵利の胸からスカートの裾へと移す。
少し長めのスカートだったので、何度か左手でたくしあげる。
恵利の太ももが露わになる。
「あ、ち、ちょっと。。」
恵利が初めて抵抗してスカートを戻そうとする。
が、恵利は俺のジュニアを握ったままだ。

俺は恵利を押し倒し、改めて恵利にディープキスをする。
恵利は癖がついているかのように、また舌を絡めてくる。
今度はスカートを一気にたくし上げ、恵利の薄黄色のパンティーに到達した。
ももを右手で強引にこじ開けて、恵利の股間に触れる。
生暖かく蒸れた感じが伝わってきた。
「あ、ダメ」
パンティーの布を少しずらし、手を差し込む。ぐっしょり濡れている。
「あ、ほんとにほんとにダメだから」
中指を突き立てると、するりと穴に入っていた。
「ダメ、ダメ、ほんとに。わたし流されるから、ほんとに、ほんとに」
中指で穴をかきまぜる。
「ああああああ」
恵利が信じられないような大声をあげて、俺にしがみついてくる。
俺は夢中になって恵利の穴をかきまぜる。
「あん、あん、あん、あん」
かきまぜるスピードに合わせて、恵利の声が部屋に響く。

恵利の上着が邪魔になってきた。
上着とタンクトップとブラジャーを一気に引き上げる。
恵利のたっぷりとした胸が露わになる。
ブラの後が赤く、生々しい。
「ダメ! 本当に、もうこれ以上ダメ!」
俺は無視して乳首をなめる。と同時に右手は穴からクリに移した。
「ああ、そこも、そこもダメ。ほんとにダメだって!!」
俺は無視して乳首とクリをさすり続ける。
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」
恵利のあえぎ声が穴の時とは違うリズムに変わった。
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」
恵利の顔を見ると苦しそうな悩ましそうな表情だ。
恵利が腰を少し浮かせてきた。
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

俺はジュニアをズボンから出し、恵利の右手を持って行った。
ギンギンに固くなったジュニアを、恵利は強く握りしめる。
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」
クリ責めに飽きた俺は、今度は穴に2本指を突き入れた。
「ああああん、あん、あん、あああああああん」
顔は上気しきって真っ赤になっている。

俺は、恵利の空いている左手を、恵利の胸に持っていった。
恵利は自分で自分の胸を猛烈に揉みしだく。
俺のジュニアを固く握りしめながら、もう何もかも分からなく
なっているようだ。
「ああああん、あん、あん、あああああああん」
「気持ち良いの?」
「あん、え?、あん、ああ、う、ああ、ううん」
「どれぐらい?」
「ああ、良いから、あん、あん、あ、あの」
「なに?」
「タカさん入れないの? あん、入れないの? 入れないのー!!」
恵利が声を大きくして求めてきた。


ピンポーン
「先輩だ!」


ピンポーン
「え? あ、ああ」
恵利が慌てて起き上がり、スカートを直す。
ブラジャーを定位置に戻して、タンクトップと上着を戻す。
俺は急いでジュニアをしまい、部屋の中を確認した。

ピンポーン
恵利の状態を確認する。
大丈夫そうだ。

玄関まで先輩を迎えに行って、世間話をして、
先輩を連れて部屋に戻ってくると、恵利はパソコンに向かっていた。
そして、先輩に向かって背中越しにこう言った。
「ねえ、シ●シティって難しいね、ハリケーンで壊滅しちゃった」

俺は、恵利のあそこはまだぐちゃぐちゃに濡れているはずだと
思いながら、恵利の後ろ姿を黙って見つめていた。

Last Update : 2008年12月15日 (月) 7:41