美佐子4

「奥さん・・イヤラシイ格好だぜ! こんな格好をいつも旦那に見せてるのかよぉ?」と僕は、美佐子を罵り、形の良い乳房を掴み強く揉んだ。

 美佐子は、タオルの奥で「うぐッ!」と声を漏らし、目を硬く閉じていた。

「嫌だと言いながら、奥さんもスケベじゃねーかよ!乳首が硬くなってきたぜ。」
 僕は、片手で乳房を揉みながら、乳首に吸いつき、舐めまわした。
 その間、美佐子は声にならないうめき声を発した。

「もう、いい加減観念しろよ! 奥さん・・」
 それでも美佐子は、目を硬く閉じたままだ。

「それじゃ、もっと奥さんの感じる所を、舐めてやろうかなぁー」と言い、食い込んだパンティに指を持っていった。
 僕は、パンティのラインに指を軽く、這わせ食い込みを確認した。

 美佐子は、下半身を震わせている。
 それは、恐怖心なのか、それとも、今までの妄想が現実となる欲望の波が打ち寄せて来ているのか?
 もう、そんな事はどうでも良い。僕は、完全に今の状況に飲まれて理性も何も無くなった状態だった。

 指を、パンティの食い込んだ割れ目に沿って上下した。
 クリトリスの部分にを爪で軽く引っかき刺激した。そして、徐々に中指を下にずらし、強くねじ入れた。

「うぐぐーッ」と、こもった声と同時に腰が跳ね起き、身体が弓の字になった。
 僕は、この時にSを感じた。女を虐める悦びが僕の下半身を伝わった。

 僕は、美佐子のオマンコの中に中指をグリグリとねじ込んだ。パンティの布が一緒に、肉びらに埋もれて行く状況がよく見えた。
 段々、美佐子が履いているパンティの布が湿ってきた。
「奥さん・・気持ち良いんだねぇ〜奥さんのオマンコからスケベ汁が溢れてきてるぜ。」と言うと、一旦、指を抜いてみた。

 そこはには、指だけが抜かれ、パンティの布はまだ、埋没している状態である。
 まるで、オマンコにできた小さなトンネルの様だ。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 3:56