酔った若妻

地元の24歳の四つ下の満理奈。
ムチムチした身体で胸もあり堪らなかった。
デニムなスカートから見えるむっちりした太股やタンクトップで重そうな乳が揺れてやらしいボディで、正直ヤりたかった。
そのチャンスがきたのは去年の夏に飲み会した時に…。
酔うと結構甘えて来て腕組まれたら乳の感覚がムニュっと当たり、俺も背中に手を回して嫌がらない。
帰りに家の前まで来て、家は今日は誰も帰って来ないから誘い込み部屋で密着したまま触れて行っておっぱい触ると感じてた。
「エッチしたいの?」と聞かれ頷きながら触るとそのままベットでやっちゃった。
タンクトップを脱がしたら、おっぱいがポロンと現れて形がいいし上向きで乳首に吸い付いたら「アンッ!アンッ!」と敏感で、汗臭い身体を舐め回しムチムチした身体を愛撫し、太股を触ってスカートを脱がしてクンニ。
「ダメッイッチャうよー」と敏感で身体をピ〜ンと伸ばしてイッタり、くのじになりながらイク姿はやらしかったし、 ズボッとナマチンポを入れたら、少し緩いけど子供産んだら仕方ないが、敏感で「アンッ!イャッ!アンッ!」とおっぱいが揺れながら悶えてた。
暫く正常位で突いて起こして上にしたら自ら腰を上下に動かして「凄い気持ちイイ!!」と汗をかき、おっぱい掴みながら眺めた後、正常位でしてると気持ち良くなり「イクぞ!」と激しく突いて「キャァ!…気持ちイイ!!」とのけ反った直後に中で精子をぶちまけた。
気持ち良くて浸りながら休み、向こうはのけ反ったまま暫く動かないから抜き取って流れた精子をそのままに「大丈夫?」と聞くと「うん…」と頷き休んでた。
一時間位したら起きて「帰らないと…」とシャワーを浴びて着替えた。
玄関で、抱き付いて「逢いたくなったらいつでもいいよ…」と言うと「わかった…」と言われその後時々遊んでた。
で、この間旦那が二週間位出張の時はヤりまくって毎日位してました。

Last Update : 2008年12月15日 (月) 10:5