援?

デリヘルで知り合った34歳の人妻ヒロミは、一目見た時からストライクだった。
30代には見えない童顔の顔と体、それに身長が低いためかロリっぽく見える。一見ではホント20代前半でも通るだろう。ただよく見ればシワとかタルミがあって、それでも4・5歳は若く見える。
2回目から指名し、それもJKの制服をコスさせてのプレー。「年があわないよ」と恥ずかしがるヒロミを褒めまくり、俺の指名とくればJK制服プレーと覚えさせていた。
数回指名が続くと「新しい制服だよ」といつもと違うJK制服を持ってきてくれたり、「先生になって」とか「レイプっぽくして」とかイメプレを自分から言ってきたりしていた。
ヒロミはそんなノリもいいし、プレーになると童顔の顔からは想像できないくらい淫乱になる。たぶんデリヘルで会ってなければ、普段の服装や仕草から清純っぽい感じで、普通のセックスしか知りませんって感じの清楚な人妻に見える。そのギャップがいい。
たぶん7回目の指名の頃だった。店を辞めると聞かされた。俺が残念がってると、個人的に援という形で会ってもいいと言ってきた。俺は即OKだった。金も安くなるし、特別扱いされた感じがそそられた。
それから2回は俺が車でヒロミを拾ってラブホへ直行だった。3回目から食事も一緒にしてからになった。昼間だし車なので飲みには行けないが、いい雰囲気にはなっていた。それから俺がAショップでJK制服や色々なコスを買って行くとかなりよろこんでいた。「コスを買ってくれたのでお金はもういいや」と彼女の口から言ってくれた。
今では週に1.2回は最低会っている。今ではヒロミがコスを買ってくることもある。この半年金は払っていない。それよりあんなに淫乱プレーだったにも関わらず、絶対に本番は無しだったが、金を取らなくなってから、自分から「入れて、おちんぽ入れて」とねだってくるようになっている。
手でされるのもフェラも最高のヒロミだが、マンコの締まりも最高だ。
俺の1番のお気に入りは鏡の前で手を突かせてJK制服のスカートをめくり上げ、綿の白パンティーをずらして後ろから突きまくる、童顔のヒロミの顔が淫乱な人妻へと変化するのを見ながら突きまくってやるプレーだ。そしてあの顔からは想像できないヤラシイ言葉を言わせながらイカセてやる。
ヒロミも言葉プレーがいいみたいで、俺がイクまでに何度もイってしまうみたいだ。
「旦那とは絶対出来ないセックスを楽しみたい」と洩らした事がある。俺も嫁とは出来ないプレーをこれからも開発していきたい。
いい人妻に巡り合った。

Last Update : 2008年12月15日 (月) 10:32