院長夫人

個人経営の小さな医院、博信は月に一度その医院に薬を貰っている。勤めて居た薬剤師が辞め、院長の奥さんが薬を出す事になった、凛として上品そうな夫人であった、博信は夫人を一目見て性的欲求を覚えた、最初に見て観察を続ける博信は夫人を落とせると確信していた。

それからは、薬を貰うのを2週間に一度に変え医院に通う様になった、院長は毎日、2時に看護師を連れて往診に行く事、往診を終えて帰る時間は4時半である事を確認する、院長が往診に出た後、薬を取りに来る患者が居なければ入り口は鍵を掛けられ二時間は休診に成る、博信は毎回この2時の時間を狙い、2週間に一度通い続けた、最初の一ヶ月は事務的に薬を貰い、次の二ヶ月目は夫人から挨拶を貰い三ヶ月目に入り薬を貰う予定も無いのに医院に顔を出す。この頃に成ると夫人も素顔の部分を出し話しをしてくれる。
それが半年も続いた頃に薬を貰いに行った時、入り口の前に立つと夫人は入り口の鍵を掛けて居る所、夫人は鍵を開け博信を中に入れる。
そのまま入り口の鍵は掛けられ、帰りは横の非常口から。と言う。何時も様に薬を貰い、カウンターを挟んで立ち話、相変わらず上品な出で立ち、その衣服の下に隠された熟した肉体、博信は然り気無く夫人の身体を目で追い話しをする。
入り口に人影が、夫人は整った唇に指を当て居留守をする、人影が諦めて立ち去るのを確認した夫人は、意地悪っぽい顔で笑う。
博信は今日、駄目元で夫人を誘惑する事を決心する。
「奥さま、今日の服装は凄くお似合いですね」博信は夫人を誉める事から始めた。
「アラ!有り難うごさいます、お世辞でも誉めて貰うと嬉しいわ」夫人は博信の前で嬉しそうにクルリと身体を一回転させる。
「今までも素敵でしたが、今日の白で纏められたのが一番素敵です、って私の勝手な思いですけれど」
「貴方に、そう言われて嬉しいわ、主人なんて私の衣装の事なんて全く無頓着で何一つ誉めてくれないもの」
夫人は少し院長に対する不満を言う。
「普段から奥さまは何を着てもお似合いですから、先生の中では普通の事何ですよ」
「そうかしら、最近では私の方なんて見向きもしなくなったわ」
院長への不満が次第に増えて来る。
博信は、もう少し話を落とそうと小声で言う、聞き取れなかった夫人は顔を近づけ「何て言ったの」と聞き直して来る。
「凄くお似合いなんですけど、白のスカートにブルー系の下着は、ちょっと目の毒です」夫人は顔を赤らめて



Last Update : 2008年12月15日 (月) 10:33