上司

私のセックスレス生活は続いていました。
 姫始めなんて5月過ぎたくらいにようやく・・・、て感じです。
 さすがにイライラ、ムラムラしていた私に、ある日転機が訪れたのです。
 9月になってから、配達先の部長さんに突然、
 「携帯電話の番号を教えてほしい。」
 と言われました。
 その人は年は50歳、笑った感じが石原晋太郎に似ている人でした。
 その場は笑ってごまかしたんですが、まるで中学生なんかに戻ったみたいにドキドキして、なんか恋してしまいました。
 ある日、配達先で立ち話をしていたら、急に後ろから抱きしめられて・・・。
 その時理性が飛んでしまってたんでしょう・・・。
 すっかり舞い上がって、気がついたら携帯の番号の書いてある名刺を渡していました。
 その日のうちにすぐ電話がかかってきましたが、2人で会うことは避けました。
 でもとうとう根負けしてしまって、仕事部屋に行くことになりました。  その瞬間引き寄せられて、いきなりキスされました。
 さっきの言葉にすっかり酔わされていた私は、抵抗することもなくあっさりと押し倒されてしまいました。
 (ここでするのは、マズイ・・・。)
 私の頭の中は、ばれたらどうしようという不安でいっぱいでした。
 そんな私の気持ちを知ってるかのように、服を脱がせながら聞いてくるんです。
 「ここでやめる?それとも鍵を閉めて来ようか?」
 誰かが入ってくるかもしれない・・・、という不安の方が強かったのでとりあえず鍵をしてもらいました。
 密室になると今度は本気で私の身体を愛撫しはじめました。
 舌を吸い取られるんじゃないかと思うくらいの激しいキスを受け、口に中にそそぎ込まれる唾液を一生懸命飲み込みます。
 乳首を甘噛みされる頃には私の身体は、早くHがしたくてたまらなくなっていました。
 それでも手が下着にの中に入ろうとしたときには、抵抗しました。
 イヤだからではなく、感じすぎてる自分を見られるのが恥ずかしかったんです。
 そんな私の両手を押さえて、彼の手は中へと入ってしまいました。
 「スゴイ高性能じゃない・・・。」
 と言いながら、クリトリスをつまみ、指をアナルにまで這わせてきました。
 そのころになると私は愛液をお尻まで垂らしながら、なすがまま・・・。
 自分から進んでフェラチオをしたりしていました。
 ここまでしたらあとは入れるだけ、という状態だったんですが・・・。
 けっきょくソレはできませんでした。
 彼のモノが勃たなかったんです。
 それでも私は満足しました。
 イカせてはもらえなかったけど、精神的にはとっても満足したSEXでした。
 ダンナさんにかまってもらえなくて、忘れかけてた女の部分を取り戻せたように思えました。

Last Update : 2008年12月15日 (月) 10:55