婚約中の彼女が…(1)

僕の彼女で婚約者である美貴は25歳。
彼女とは少し家が離れているので、会うのは週末でほとんど土日は一緒にいる。
今までの男性経験も少なく、僕とエッチしてからイクことを覚えたそうだ。
エッチに満足していて、毎週デートをしていることと、
美貴が清楚で素朴であることで絶対浮気がないと確信していた。
ところが今週の金曜日…。

仕事がかなり早く終わったので、
「彼女の会社まで迎えに行ってびっくりさせよう。今日は何もないって言っていたなぁ」
と思い、車を職場のある所まで走らせた。
17時前までに着いたのでビルの向かい側に車を止めて待っていた。
18時過ぎに彼女が会社から出てきたの
で、「今日は会える?」とメールをすると「女友達とご飯食べるから」と断りメールが。

あきらめて帰ろうとした時、黒いBMWがすーっと止まり彼女が乗った。
間違いなく運転していたのは男性だった。
何が起こったのかよくわからなかったが急いで、エンジンをかけ黒いBMWを追ってしまった。
車はレストランに入り、彼女と男性は入っていった。
しかも手をつないで。
180近くありそうな男性が145くらいの美貴の体を抱き寄せるようにして。
食事が終わるまで近くに車を止め、ずっと待っていた。
今考えるとストーカーに近い行為だけど、その時は全く考える余裕がなかった。
20時頃レストランから出てきた二人は再びBMWに乗り、20分ほど走って住宅地に入っていった。
そして、マンションの駐車場に入っていったので、見失わないよう急いで路駐できそうなところに車を止め、マンションの入り口に駆け寄るとゆっくりと移動したエレベーターは10階で止まった。
部屋を見失うと焦り、急いで外に出て10階を見ていると、一番西端の部屋の電気がついたのでしばらく外で待つことに…。

1時間ほど車の中から部屋の明かりを見ていると部屋の電気が消えた。
10分ほど消えた部屋を見つめていると自分の心臓が口から出るかと思うほどドキドキしていた。
僕は自然とエレベーターを上り、その部屋の入り口に立っていた。
ブザーに指をかけて押そうとしたが勇気がなかった。
ゆっくりドアノブを引くと鍵がなんとかかっていなかった。
「ここまでしたら犯罪…」と思いつつ、抑えることができなかった。

ドアをゆっくりと開け、靴を脱ごうとすると中から「ピチャピチャ」という音がしてきた。
耳を澄ますと「あっ、気持ちいい。すごいよ、す、すごい…ああっ、あっ」と色っぽい美貴の声が聞こえてきた。
もう頭の中は真っ白。
目が少し暗闇に慣れてきたのでゆっくりと奥に進む。
リビングの戸が少し開いているので覗いた。
そこには、全裸になった美貴と男がフラットになったソファーの上で抱き合っていた。
ちょうど二人の後ろから見る形となり、男の後頭部と彼女のオマンコがあらわになって見える。
男が美貴の両脚を開き、あらわになった花弁をピチャピチャ舐めていた。
電気が消えた10分の間にもう二人はかなり求め合ったようで、
クリトリスを吸われた彼女の体はビクッビクッと痙攣していた。

「もう入れるよ」と男が言うと、美貴は体を起こし「まだダメ」と甘えた声で止めて、男のペニスにむしゃぶりついた。
大きいペニスだった。
20cmほどの長さでサランラップの芯ほどありそうな太いペニスを、美貴は美味しそうに小さな口でほおばっていた。
玉袋から肉棒をゆっくりと時間をかけて愛撫した後、小柄の美貴の上に男の体が被さり、二人はつながった。
美貴の唾液でヌルヌルとなった太い生ペニスが美貴のヴァギナにゆっくりと沈んでいく…。
小柄な美貴のヴァギナは入り口も小さく浅いが、男のペニスを全て包み込んでいた。
そしてゆっくりと太いペニスがゆっくりと動き出した。
「あっ、あっ、すごい…いい」
10分ほど男が正常位で激しく美貴を貫いた後、男が「美貴、イクよ」と言い、彼女が頷いたのを確認して、男の腰がビクッビクッと脈打った。
美貴の奥深くにペニスを突き刺して、美貴の体の上で
男がぐったりと重なったのを見て全てが終わったような気がした。

中出しされた美貴の体もビクビクッとしばらく全身で脈打っていた。
男はペニスを抜かずに、そのまま美貴の体を抱え起こし、騎乗位で美貴の体を味わい始めた。
美貴は完全にイッてしまったようで「壊れるぅ~」といいながら力が抜けていた。
しかし、美貴も男の激しい挿入に自然と腰が動き始めて、
最後にはすごいスピードで腰を動かし美貴から男を求めた。

「やすくんイクぅ~」と叫ぶと今度は美貴が男の上で力なく崩れた。
男はそんな美貴から太いペニスを抜き取った。
美貴のヴァギナからは大量の男の白い精液が糸を引いて流れ出した。
僕にだって中出しをさせたことがないのにこの光景は絶望に追い討ちをかけた。
美貴から「やすくん」と言われた男がソファーに横になると、
当たり前のように美貴が男の汚れたペニスを両手で握り、しゃぶっていた。

男のペニスはまたすぐに上に反り返り、彼女を四つん這いにしてバックからペニスで貫いた。
「ああっ!ホント壊れるぅ…やめて…アアッ、いいよぉ~」ともがき喘ぐ姿を見ながら、呆然としていた僕は、音をさせずに部屋を後にして車に乗った。

後のことははっきりと思い出せない。車を走らせ20分ほどして家に着きしばらくボーッとしていた。
ペニスを貪る彼女と彼女の体を楽しんでいた男の顔と行動がはっきりと思い出される。
23時頃メールで「今から、友達と電車で帰りまーす」とメールが入った。

今週は仕事が忙しいから会えないと言うつもりですが、これからどうしたらいいのでしょう。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 4:17