尾行ごっこのつもりが

昨日は彼女とデートの予定でした。
夕方から会う予定でしたが、彼女のほうから連絡があって、
会えないことになりました。残業が入ったとかで。

ちょっとがっかりしたんですが、やることもないので、
家を出て、新宿に行きました。
最初はおあずけになったデートにがっかりしてて、
ぶらぶらとゲーセンとか漫喫とかにいたんだけど、
10時ごろになって外を歩いていたとき、
ドンキの前で偶然彼女を見かけたんです。
なんて運命的な2人なんて思ったりもしました。

でも、ちょっとおかしかったんです。
彼女は、おめかしと言うよりちょっと変装に近い服で
出会った頃ならきっと見過ごしてたと思います。
まさか、ひっとしたら別のやつと会ってたりしてなんて考えが頭をよぎり、
後をつけてみようというイタズラ心に火がついちゃいました。

この時点では、まだ彼女を信じていました。
彼女とはけっこう長い関係でしたし、
今でもいい関係を築けていると思ってました。
これまでの2人の日々が大丈夫だと言ってくれたような気もして、
僕は背中を押された気持ちで彼女の後をつけました。

このときの僕の気分はまだ軽いものでした。
「指令は下された」「僕はT-Shirtとやぶけたジーンズに身を固めたスパイ」だなんて、アホなことを考えたりもしていました。
彼女が女友達にでも会おうものなら、超能力者のように「今日 あの娘と会ってたろ?」なんて言って、彼女の驚く顔が見たいと思ってました。

しかし、少しつけたところで、彼女は高そうな車の横で急に立ち止まりました。
運転席にいたのは男です。そいつが彼女に軽く手を上げたのが見えました。

当然、僕の胸は急スピードで高なりました。
何が起こっているのか、わかりませんでした。
彼女はまわりを気にしながら、
そいつとキスをしました。

しゃれになんないよ、悪い夢なら早めにさめろと思いました。
軽い気持ちでつけていたことを後悔しました。
真実を知ることがこんなにつらいんなら、
スパイごっこなんかできないと思いました。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 4:58