好きな子が隣の部屋で他の男に抱かれて・・

3年ほど前、一人の女性を巡って俺ともう一人の男で争ったことがあった。
勝負は互角。彼女もどちらにするか決めかねていた。
ある日、A男が提案する。「じゃ、彼女とエッチして、彼女をたくさん喜ばせたほうが勝ちってことにするか」
たまげる俺。彼女も目を丸くしている。
A男:「顔と性格で勝負つかず。だったら残ってるのはエッチのテクニックしかないだろ」
その理屈は無茶苦茶だったが、結局彼の提案を受け入れざるを得ない状況になってしまった。
まず、簡単なルールを決めた。
時間は最長で一時間。もしくは男の側が達したら終わり。
先攻の男のあとに後攻の男と続き、二人が終わった後、彼女が採点する。
彼女の採点は絶対で、不服は述べない。
負けた男は潔く手を引く。
じゃんけんの結果、先攻はA男に決まった。
「結果は見えてるがな」無駄口を叩いてA男は彼女とともに隣室に消えていく。
いてもたってもいられない状況の中、しかし俺はただ時計の針を睨み続けた。
隣室からは彼女の声が漏れてくる。気が狂いそうだった。
きっかり一時間経過したのち、A男が得意げな表情で戻ってきた。
次は俺だった。
負けられない。俺は勢いよく立ち上が…ろうとしたのだが、なぜかちょっと前屈みの情けない格好で隣室へ移った。
彼女が布団に横になっていた。
上に何もかけず、生まれたままの姿を晒している。
肌は桜色に染まり、気だるそうに投げ出された四肢が何とも色っぽい。
すぐにでも彼女に覆い被さり、夢にまで見たその姿態を自由にしてみたかった。
「どうしたの?」彼女がうっすらと目を開く。「好きにしていいんだよ」
俺は物言わず彼女に近寄り、上着を脱いだ。
そして、脱いだシャツを横たわる彼女にかけてやる。
「俺は…やめた。やっぱり、こんなのおかしいよ」
彼女はまぶたに涙を浮かべていた。俺は見逃さなかった。
「つらい思いをさせちゃって、ゴメン。勝負は、俺の負けでいい。B子ちゃんをこれ以上苦しめることは、俺にはできないから」
勝負はA男の勝ちに決まった。
(中略)
だが、彼女は俺と付きあうと言いだした。
やけになったA男が捨てぜりふを吐く。
「ふんっ、俺に抱かれたときは『気持ちいい』とか言って自分から腰使っ…」
A男のセリフが完結することはなかった。

なぜならその瞬間、俺の右の拳が炸裂したからだ。

Last Update : 2008年11月28日 (金) 5:16