五本の指

妻と私は学生時代からの付き合い。

学生当時、妻はアメリカに1年間の語学留学に出た。ホームステイ先には2歳年上
の男性が居ると聞いて、ヤキモチ焼の俺は年頃の男性が居る家へのホームステイに
は反対していた。

つい先日、そのホームステイ先の息子のトニー(仮名)が日本旅行の途中我が家に
立ち寄った。トニーは私の妻の2歳上。彼はちょっと遊んでる感じで今も独身だ。

トニーは驚くほど日本語が達者で、難しい言い回しも使いこなすほどだった。

夕食を3人で共にし、酒も入り、当時の話に。
よせばいいのに、俺は「なんか間違いとかあったんじゃないの?」と聞いてしまっ
た。

オロオロする妻をよそ目にトニーは
「貴方はなんと言う失礼なことを聞くんだ。貴方の奥様は素敵な女性だ、貴方のこ
とを信じている!それに引き換えその質問はなんだ!」と激昂した。

申し訳ない。失礼した、と謝ると、彼も落ち着きを取り戻しこう言った。

トニー「貴方の奥様は本当に素晴らしい女性だ。私が出逢った女性のなかでもトッ
    プレベルだ。」
トニー「5本の指が入ります。」

ポカーンとする私と大慌ての嫁。

トニー「失礼失礼(汗)。五本の指も入ります」

Last Update : 2008年12月15日 (月) 8:33