盲目の少女

その出会いは、ちょっとした怪我が原因で入院した時だった、彼女と会ったのは…
夜中にトイレに行こうと病院の廊下を歩いてると、目の前に
窓からの月の光を浴びた、どこか神秘的な雰囲気を持った少女の姿を見つけたんだ。
「あっ…えっと看護婦さん?ごめんなさい、すぐに病室に戻るから」
彼女は僕に気付くと急に謝りだしたのです。
「いや、僕…看護婦さんじゃないんだけど」
いくら暗い中とはいっても、この満月の光の下で看護婦に間違われるとは思わなかったよ。
でもそれは仕方無かったんだ、その後に僕の彼女となるこの少女…『月宮このか』、彼女は盲目だったんだ。



あの初めの出会い以降、僕達はよく会って話をしていた、最初はお互いに遠慮しあって
長いこと会話が弾まなかったけど、いつしか慣れてきて色々とお互いの事を口にしていた。
「小さい頃に事故で失明してから、この病院から出た事がないんだ私…出たいとも思わないの怖いから」
彼女はそんな事も言っていた、本当なら学校生活を楽しむ歳なのに、幼少の時からこの病院内で
通信教育を受けながら過ごしていたらしい。
親が過保護なとこもあるらしいが、彼女自身が臆病だったからかもしれない…でも僕は責めれないな。
今まで暗闇の世界で生きてきた彼女の辛さなんか、僕がわかる筈が無いのだから。
「でも…幸運だったかも、君と会えて…友達なんて一人も居なかったし」
彼女は寂しそうな表情で言葉を続ける。
「私…ここから出られるのかな、いつか病院の外に出られたらいいんだけど」
その心の願望を口にする…そんな彼女に僕は…
「いつか…」
「え?」
「いつかこのかを…僕が外に出してあげるよ…」
もちろんその具体策は無い、でも彼女の為に僕は何かをしたかったんだ
「このかをお嫁さんにして一緒に暮らして、外で幸せにしてあげる!」
「え…それ本当?」
「本当だよ…僕じゃ駄目かな…」
「ううん…すごく嬉しい…」
彼女の光を映さない瞳から一筋の涙が零れてた…僕はいつしかこんな彼女を好きになっていたんだ。
そして僕達は付き合いだした…退院してからも毎日のように見舞いに行き彼女と会う日を続けていく。
いつか彼女をお嫁さんとして外に連れ出すまで…。


━━━━━━━━━━━━━━

私…『月宮このか』は暗闇の中に居ました…もうあの光溢れる世界の光景は、ほとんど忘れてるかもしれない。
それ程に、この盲目の生活に慣れていたの…でもそれもこの病院内での話です。
私と同じような光を失った人が懸命に外の世界で暮らしてるのは知ってます、でも…
私はその勇気はありません…病院内なら看護婦さん達が色々としてくれるし、
そういう人用に、色々と楽に暮らせるように、ここは出来ているのですから。
だから私はここから出ようとしなかったの、両親だって楽ならと言ってここで過ごす今の生活を
止めさせようとはしません…むしろここに居させようとさせてました。
勉強も通信教育で補ってます…本当なら可愛い制服を着て同じ歳の子達と学校で授業を受けてるはずなのに…
でもこんな私が行っても、辛いだけだよね…友達もできないだろうし、ただ迷惑かけるだけだもの。

そんなある日…運命的な出会いをしたのです、夜中に目覚めた私は廊下に出ました。
何故そんな事をしたのかわかりません、でもそこで出会ったの…彼に…『遠藤 雫』君に
彼と私は色んな話をしました、彼は私より二つ上らしいです…
同じ歳の子と話すのは久しぶりだったから、何を話したらいいのかわかりませんでしたけども、
彼が入院してる間にどんどん打ち解けてきて…気がつけば私は彼に恋心を抱いていたの。
そして彼も…あの時の約束は本当に嬉しかった、いつか外に連れ出してもらえる日を
私は心待ちするようになってます…お嫁さんとして彼と外で過ごせる日を…。

その日から私は、この暗闇の世界での生活で希望をもてるようになりました。
退院してからも毎日のように彼は訪れてくれる、色々な外での話をしてくれる。
私は笑っていました…私の笑顔ってどんなのだろう?変な顔してないかな…
会えるといても一日に一時間程度、この幸せな時間がいつまでも続けばいいのに…
もっと会いたいな…話したいな…しずちゃん。
私は彼の事をいつしか、そんな愛称で呼ぶようになってました。

━━━━━━━━━━━━━━

俺…『武藤 文彦』はこの病院でただ絶望の時間を過ごしていた…
重い病気にかかり、ただ数年という短い命をこの何もない空間で過ごさなければならなかったんだ。


もちろん医療技術の進んだ昨今で、このくそ病を治癒する事も可能だろ、だが治療費が莫大にかかるのだった。
無職でニートだったこんな俺に払えるはずが無い、親だってそんな金は出せなかったのだ。
結果、せめての延命処置で苦しまず数年の寿命をまっとうするという生活だけで精一杯だった。
畜生…生まれてもう30年目になるというのに、彼女の一人も出来なかったという、この寂しい人生で終わるのかよ。
当然に童貞のままで…せめての可能性は看護婦や女医者と恋に落ちる事だが、
こんな俺が看護婦に持てるはずもねぇ、むしろ嫌がれてるふしがある程だ。

そんな時に俺は会ったんだ、奴らに…
廊下を不機嫌そうに歩いていると、向かいから希望に溢れた少年が歩いてきてた、手には花を持っている
誰かの見舞いだろうか?まさか…入院してる彼女に会いにか?
少し興味を持った俺は後をついていった、すると個室部屋の前に奴は立っている。
そしてドアを開けて中に入っていく…『月宮このか』…それがこの病室に居る奴の名か…
俺はそのドアの前で奴らの会話を盗み聞く事にした。
「今日も来たよ、どう調子は?」
「もう…目以外は一応健康体なんだよ、でも…嬉しいな」
どうやら彼女というのは当たっていたようだ、ちっ…俺には無かった青春を送りやがって
ムカついて場から離れようとも思ったが、どうせ暇なのでそのまま会話を盗み聞きしていた。

そして会話から知ったのだが、どうやら女は目が見えないらしい、ふむ一応苦労はしてるらしいな。
そんな風に考えてると突然に頭の中で邪な思案が浮かんできた、まてよ…もしかして上手くやれば…
そして彼氏の方が出て来る気配を感じ、その場を離れる…どうやら帰るようだな。
どんな彼女だろうか?気になってゆっくりドアを開け中に侵入してみる…
「えっ…誰?」
ドアの物音を感じて声をかけてきた、だけど俺は何も応えない…少し間をおいて、
「なんだ…気のせいか…」
どうやら目が見えないのは本当らしい、首を傾げて気のせいだと思ったようだ。
その幼げに見える少女は実に可愛らしかった、俺好みの小柄な女だ。
純粋無垢な存在といっていい、こんな彼女を持っているとは…あの彼氏がやったら憎く感じるぜ!


そして俺は頭に浮かんだあの邪な考えを、実際にしてやろうと決意した…そこで少し試させてもらう事にする、
目が見えない奴は色々と敏感だと聞いてる、もしもそれが本当なら目が見えなくても気がつく可能性もある。
そこで、足音をたてずに近づいてみる…だいぶ近づいたが変化なし、そのままベットの上で座ってる
女の横に来て顔を近づけてみた…
「?」
女の子の顔が突然に俺の方へ振り向いた!しまった…気付かれたか、そのまま俺と視線を合わしてる少女だったが…
首を少し傾げて手元近くに置いたと思われるリモコンを探しいた、
「あれ…何処にやったかな、リモコンさーん…」
可愛い…ふとまた邪な考えがひらめく
「あっ…これかな…あれ?」
ふふ…戸惑っている戸惑っている、今この少女が掴んでいるのは…俺の肉棒だった。
くにくにっと握り触ってくる、その柔らかい少女の手に握られるのだから凄く気持ちいい…
「何…これ?こんなのあったかな…」
少女は謎の物体の存在に不思議がっていた、今まで男のなど触った事がないのだろうな。
俺は彼女が探していたリモコンだと思うのを、肉棒の横から忍ばせて少女の手をそっちに誘っていく。
「?…あ、リモコンだ…あれ?」
また少女はあの謎の物体が無いか、探していたが…離していたので見つける事は無かったのだ。
不思議な体験にまた首を傾げている、その仕草が俺の欲情を奮わせていく…だが今は我慢だ。
だけども彼女に触れられた溜まってる肉棒は、今にも噴火しそうになっていた…ふと少女の横を見ると
ジュースの入った飲みかけのコップが置かれていた、ニヤッっと口元に笑みを浮かべ俺はそれを手に取り
まずはそれに口を付けて少女と間接キスをする、次に肉棒の先をその容器内に向ける…そして射精してやった。
ジュースに俺の精子が混ざる…それを再び元の位置に戻して、様子を見守る。
少女がリモコンを操作すると部屋に音楽が流れだす…しばらくして横のあのコップに手を伸ばしてた、
それを持って口に近づけて何も知らずに中のを口にした。
「んっ…あれ?」
また首を傾げてた…だけど喉音をたててそれを飲み込む、もったいないと思ったのだろうな。


俺は誰かに気付かれないように外に出た、小さくガッツポーズを決めて…
確信したあの少女は鈍いとこがある、ならあの邪な計画が実行できる!
さっそく俺はある練習を始める事にした。
同時にそれからあの彼氏が少女に面会しにくると、ひっそりまた盗み聞きと声を録音する…
楽しそうに会話を続ける二人…その会話の内容から奴らの関係も熟知してゆく。
どうやら彼らはかなり清い関係らしい、肉体関係を持つなんて考えもしないくらいに…
キスだってしてないようだ、あの彼氏は少女をかなり大切に扱っているらしいな…
くくく…いいぞ、ますます俺にとって都合のいい展開だ!

━━━━━━━━━━━━━━

その日…私の身の回りでちょっとした不思議な出来事がありました。
しずちゃんが帰ってすぐに、病室のドアが開いた気がしたの。
「えっ…誰?」
誰か来たのかな?もしかして忘れ物してしずちゃんが引き返ってきたのかな?
でも返事は無かったの…気のせいだったみたい。
その後、ふと顔の横から暖かな息が当たったような感触を感じたの
「?」
やっぱり誰か居る…わけないよね、部屋の中は静寂に包まれたままだもの。
こうなると私は気分が寂しくなるから、一人になると音楽を聴く事にしてました。
手元にあるはずの操作リモコンを探します…けども
「あれ…何処にやったかな、リモコンさーん…」
手探りで探すけど、中々に見つかりませんでした…すると何かに手が当たったの。
「あっ…これかな…あれ?」
それは不思議な物体だった、硬くて熱くてぷよぷよしてる…
「何…これ?こんなのあったかな…」
まさか動物!?さっきのドアが開いた気配も、温かな息のような感触もその侵入してきた
動物のせい?でも…なんで病院に動物が居るの?猫や犬とか飼ってるわけないよね…
すると手元の感触が固い冷たい物を握っている風になってた…
「?…あ、リモコンだ…あれ?」
今度はあの不思議な物体が無くなっていました…まさか気のせい?
う~ん…変なの、でも考えてもしょうが無いよね、もう近くに居ないようだし…


看護婦さんが来たら部屋に何か居ないか聞いてみよう。
私は気分を変える為にリモコンを操作し音楽を流します、そしていつものように
ベットの横の棚の上に置いてあるコップを取ります、彼が帰る前にジュースを入れてくれてたの。
音楽を聴きながら、それを口にしました…
「んっ…あれ?」
それはいつものジュースの味じゃありませんでした、なんかちょっと変な味…
飲んだ感触も変だな…何か粘ってるの、ヨーグルト風味のジュースなのかな。
しずちゃんが変わったジュースを買ってきて入れてくれたかもしれないな、
私は結局それを全て飲み干しました…。

━━━━━━━━━━━━━━

あれから数日経過した、俺はついにあの計画を実行させる事にしたのだ、
夜中に見回り時間の隙間をついて行動を開始する…
まずは少女の個室に移動する、そしてこっそり侵入を果たす…
「すぅ…すぅ…」
まず寝てる少女を起こす、このまま寝てる女を犯すのもいいが、気付かれて騒がれたら困るからな。


「起きて…このかちゃん、僕だよ…雫だよ」
体を揺すって起こす…ちなみに今の声は俺の地声じゃない、奴の彼氏に似させた声だ。
「ん…しずちゃん?」
成功だ、練習したかいがあった…どうやら俺を彼氏と認識したらしい。
「ん…あれ、もう朝なの…眠いよぉ…」
「ごめんね…まだ夜なんだ、今日はこっそりここに来たんだよ、このかに会いたくて」
すると少女の頬が赤く染まる、そしてもじもじと照れているようだ。
「え…、でも駄目だよ…まだ面会時間じゃないし、看護婦さんに怒られちゃうよ」
「でもさ、我慢できなかったんだ…このか!」
「えっ!?」
がばっと少女に抱きついた、少女は見えない瞳を大きく開かせ驚いている
「ちょ…何をするの、しずちゃん…」
「このかと…エッチしたい!セックスしたい!」
「ふぇ?」
耳元で囁くと少女は困惑したように、首を傾げていた…そういう方面の知識は無いのかもしれない。


「何…それ?」
「好きな人同士でする気持ちいい行為なんだ…していい?」
少女の顔がますます赤く染まっていく…体も熱くなって心臓の鼓動も激しさを増していくのだった…
「…好きな人…うん、私もしずちゃんが好き…いいよ、それしても」
俺はまたニヤリと笑みを浮かべた、無知で無垢な少女は、
今から彼氏だと思ってる違う男に体を捧げようとしてるのだ!
興奮する…だが今その欲情を全て発散するわけにはいかない、この初めが計画の要なのだから。
俺はまず、少女の唇を奪う事にする、以前とは違い今度は直接的に奪ってやるのさ。
一気に唇を重ね、舌をその小さな口の中に入れてやる、その行為に少女は驚きをみせるが
俺はかまわずにその内部を、思いっきり舌で這わせてゆき、そして少女の舌と絡ませる…
「んっ…んん~っ…」
すると戸惑いの表情は、徐々にうっとりした恍惚した表情に変わっていく…
少女の唾液を舌で味わいながら、同時に俺の唾液を少女の喉奥へ流し込む、
ゴク…ッ
すると奥で溜まっていくその液体が苦しいのか、少女はそれを飲み込んでしまう。
「はぁはぁ…これ、何?」
「ふぅ…キスだよ、唇を重ねる互いの愛情の証なんだ」
「そうなんだ…これがキスなんだ…私、初めてしちゃたけど…いいかも」
実は俺も初めてなんだけどね、知識としか知らないだけだったが、気に入ってもらえて嬉しいさ。
次に俺は少女のパジャマを脱がし始めていた、可愛いパジャマのままするのもいいが…今日は
基本的に裸でさせてもらおう事にしていた。
「やぁ…何で服を脱がすの?恥ずかしい…」
「全部見たいんだ、このかの身体の全てを僕の眼に焼きつかせたい…いいよね?」
疑問系だが俺は少女の承諾も受けてないまま脱がし続けていた、
この少女の裸を早く拝みたくてたまらなかったのさ。
「あぁ…恥ずかしいよぉ…しずちゃん…」
ついに上と下のパジャマを脱がし、今度は下着を外していく…白い透き通った肌が徐々にあかされていく、
汚れの知らない…これから俺が汚し染める少女の生まれたままの姿が今、目の前にある!
「はぁはぁ…可愛くて綺麗だよこのか…」
「そうなの…そうなんだ…」
小さく膨らむ乳房と、まだ産毛しか生えてない股間の恥部…ビデオじゃない、生でここにあるんだ!


まずはその乳房を手で揉んでみる…暖かくで弾力があり柔らかい…何て気持ちいいんだ!
これが女の…少女の肌の…胸の感触なんだな!
「んあぁ…何…これ…?」
少女はピクッと震え悶えていいた…そうか感じているんだ、当然にそれは初めての感覚なんだろう。
「気持ちいいかい、このか?」
「気持ちいい…そっか気持ちいいんだ…あぁん!」
可愛い声だ…俺の愛撫で感じている、こんな至福な瞬間は人生で初めてだ!
俺は夢中になって乳房を揉み続けていた、その可愛い喘ぎ声をもっと聞きたくて…
この感触をずっと味わいたくて!小さなピンクの乳首も摘んでみる、そして顔を近づけて舐めてみた。
「ひゃん!あぁ…なんだか…変だよぉ…気持ちいい…」
両方の乳首を摘み弄る、そして口で吸い付き舌先で弄ぶ…
「ひゃぁ…あぁ…あぁん」
その小さな胸の谷間に顔を埋めもした、そして少女の肌を舐める…汗の味が凄く美味しく感じる。
「ひゃぁぅ…あぁ…んあぁ…」
そうしてる内に下半身がたまらないかというように、熱くなっていた。
そう股間の肉棒が脈をうって起たせていたのだ、俺は視線を少女の股間へと向けていた。
そのおまんこという箇所に、あのビデオや本だとモザイクのかかってるあの…
本物のしかも少女のおまんこを眺めて俺は激しく興奮している、このまま一気に突っ込みたい!
だが間違いなくこの少女は処女だろ、つまり初めは激痛がともなうものだ。
もしもその悲鳴で看護婦でも飛んできたら、ここまでの苦労も…ここからの計画も水の泡となる。
「このかのヴァージン…貰っていいかい?」
「はぁはぁ…えっ?何…ヴァージンって?」
「これからこのかの下の穴から体の中へと、僕のちんちん入れるんだ…初めてだと痛いけど我慢できる?」
「うん…よくわからないけど、しずちゃんがしたいなら我慢する」
恐らくはよくわかってないだろ、だが覚悟はできてるなら大きな悲鳴はあげないはずだ、俺はその
今にも爆発しそうな肉棒の先を少女の、少しトロッと濡れてきてるおまんこへ当てた。
「ひゃぁ…あぁ…」
「いくよ…我慢できない程に痛くなったら、言ってくれよ…」
ズブゥ…
「ひぃう!!」
先を少し挿入しると少女の身体がビクビクと震えた、顔色が青くなる…ただ口を手で防さぎ声を我慢してるようだ


そして少女の様子をうかがいながら、俺はもっと奥へと挿入していく…
「んん~~っ!!」
やはり激痛に苦しんでいるようだな、首をふって何とか我慢してるけど、
脂汗を流して身を震わせてる様子が痛々しいのがよくわかる。
でも…それが異様に萌える!そう俺には、愛する男の為に必死になってる少女の姿が…とても心地いい!
本当は見ず知らずの男に大切な初めてを奪われているというのにな…
「んんん~~!!!」
それにしても少女の中の感触は凄い…狭い膣内に挿入された俺の肉棒をきゅきゅと締め付けてくる。
熱く濡れたその内は俺のに凄まじい快感を与えてくれていた、そうだこれがセックスの快感なんだ!
俺は歓喜していたが、ようやく半分を挿入したとこで少女は限界になったらしい、
ベットを叩いて限界を示していた…だがその少女の身の震えが俺のにいい刺激になってゆく。
「う~っ!」
ドクゥ!!
俺はそのまま少女の膣内に射精してやった、その今まで感じた事のない刺激に少女は驚いていた。
「あぁ…熱っ…何コレ?」
ドロドロしたのが自分の体の内へと注がれていく…その感触に戸惑っている、
それが精子という物だとは知るまい、それが女の内へ射精されてどうなるかさえも…
「これは男が一番気持ちよくなると出る液体なんだ、これを女の子の中に入れると凄く嬉しくなるんだよ」
「そうなの…なんだか熱い、でもごめんね最後までできなくて…」
少女は途中で我慢できなかった事に対し謝っていた、だがまぁいいさ。
膣から肉棒を抜くと、膣口からどろどろした白濁液が溢れてきた…
それには血が混じっている、そうもう少女の処女膜はもうすっかり喪失している…
この血はその証なんだ…あとは慣れていけば快感を感じるようになるだろう…
「大丈夫だよ、また次を頑張ればね…そのうち痛くなくなるし」
「はぁはぁ…うん、今度は頑張るね」
健気な少女だ…そんな少女にご褒美を与える事にする、さっき膣出しされたおまんこの上部にある
クリトリスを俺は指で摘み…そして弄りだした。
「ひゃぁ~!なに…何なのコレ…あ…ああぁん!」
また身震いして悶える少女の身体、どうやらかなり敏感になってるのかもしれない…笑みを浮かべ
俺はそのまま続けていく、更にまた乳房を片手で揉みしごき、唇を重ね口内を犯していく…


「んっ…んん~っ!!あぁ…はぁあ!!」
そうしていく内に、少女は大きく痙攣をするのだった…どうやらイったようだな。
「あぁ…あぁ…」
快感の余韻に浸っているのか、その表情は放心してる感じだった。
「明日も夜に来るよ、またエッチしようね」
「はぁ…うん…」
「ただこの事は誰にも言わないで、特に昼間は僕の前でも言ったら駄目…秘密だよ」
「ほえぇ…どうして?」
「もしもそれが誰かに聞かれたら、もうこのかに会えなくなるかもしれないからね…そんなの嫌だろ」
「うん…嫌、誰にも…昼間は喋らない…」
今にも俺は大きく笑い声をあげそうだった、これで計画の一段階は終わった…
少女の体を拭き、パジャマを着替えさせてから寝かしつけて廊下に出る…
その手にはビデオカメラがあった、実はこの一部始終をカメラで録画し収めていたのだ。
さっそく自室に帰って編集するとしよう、もう片手には処女喪失時の血が付いたハンカチを持ってた。
ベットを汚さない為に使用していたのだが、まぁ記念だな…くくく、明日からが楽しみだ!

もう退屈な時間は終わりを告げていた…これから俺の充実した日々が続いていく…
この少女も…このかにとってもこの日が日常の最後の日だったのは言うまでもないだろ。

━━━━━━━━━━

その朝…私は呆然としていました…
昨晩の出来事を思い出して…あれは本当に現実の出来事だったのかな?
夜中にしずちゃんが来るなんて事がまず信じられない事なのに…あんな事をしちゃうなんて…
でも本当の出来事だという証拠はあるの、それは股の痛み…
あの太いのを挿れられた時の激しい痛みがまだ残っているんだ。

「私…しずちゃんとエッチ…セックスしちゃったんだ」
身体が熱くなっていく、胸がドキドキしている…あの時の事を思い出すだけで私の体はこうなってしまうの。
私の股から体の中に、しずちゃんのおちんちんが挿入された時は痛かったけども、
胸や股を触られた時は凄く気持ちよかった…あんなの初めて。


キスもされちゃって…口の中に彼の舌が入ってきて暴れた時は驚いたけど
何だかそれも気持ちよかったな…今は痛いけどこの、股から体の中に挿入される事も
慣れてくれば気持ちいいって言ってたし…
そういえば、この挿入されたとこの近くに物凄く敏感なとこもあったけ…
「今夜も…してくれるのかな…」

でも彼とは昼間も会うはず…ひょっとしたら昼に、いつものようにしずちゃんが見舞いに来てくれた時に
昨晩の続きしてくれるかも…私はその時すごく期待してたの…でも
「それでね、あいつがさ~…どうしたの?何か上の空だけど…」
「えっ?ううん…そんな事ないよ…」
彼は結局何もしてくれません…昨晩の事が嘘のように、無かったかのように思えてしまうくらいに…
そういえば、言ってたもんね、昼間は夜の出来事は内緒だって、それでなんだ…きっと。

「待ったかい?それじゃあ昨日の続き…しようか」
その夜…同じように彼は来ました、やっぱり夜限定なんだ…ちょっと残念。
「うん…して、気持ちよくなりたいよ…しずちゃん!」
そして二回目のエッチ、また唇を重ね舌を絡ませ、私の胸を触られて…
股からおちんちんを挿入されちゃうの…でもやっぱり、これはまだ痛いな…
でも昨日よりはマシかもしれない、それに…何だか不思議な感覚がしてきてるの。
その感覚は三回目、四回目と回数を重ねていく毎に増していく、痛みを替わりに減少させながら。
やがて自覚してきました…これが中に入れられる快感だったのです。

━━━━━━━━━━━━━━

あれから一週間が経過した、あれから毎晩のように俺はこのかを犯し続けていた。
「あぁ…あぁぁ~!」
あの時は肉棒の半分しか挿入できなかったけど、このかのおまんこは
もう俺のを全部受け入れる程になっていた。
当然に、もう痛みよりも快感を感じるようになっていた…それもかなり敏感に!、
「あぁん…気持ちいい…気持ちいいよぉ!」
その全身で快楽を感じる少女の姿は…もはや処女の時とは変わっていたのだった。
「うっ!出るぅぅ!!」


ドクドクドク…
「ふあぁ…あぁ…」
当然に出すのは膣内出しだった、このかもこの射精される感触が気に入ったように見える
うっとりした表情で精液を体内で受け止めて、微笑むのだ。
「はぁは…このかって、中出し…好きなんだね」
「あぁ…うん、好きぃ…この熱いのがお腹に入ってくるの、大好きぃ~!」
俺はそこである事実を教える事にしたんだ。
「ねぇ知ってるかい…このドロドロした液体は精液という精子が含まれてる液体なんだけどさ」
「?」
このかは、首を傾げて疑問を態度で示す
「精子ってね、赤ちゃんの素なんだよ…女の子の中にある卵子に受精したら赤ちゃんできちゃうんだ」
「ふぇぇ!?」
このかは驚愕の表情を見せる、やはり知らなかったようだな…くくく。
「そんな…私、しずちゃんの赤ちゃん出来ちゃうの?」
「簡単には出来ないよ…でも毎日のように出されたら…いつかね」
「ふあぁ…しずちゃんの赤ちゃん…」
やはりショックか、でも少し喜んでいるような感じもある…そうだよな、好きな男との子だし。
「いいよね、このか…僕は出来ちゃってもかまわないよ…でも嫌なら膣内出しはもうしないけど…」
「いや…出来ちゃってもいいよ、だから…膣内に出してもいいの…しずちゃんの子供を産みたいもん」
やった…このかは事実を知った上で、膣内出しを望むようになったのだ。
もちろん好きな男の子ではない、違う男性の子を孕むという事までは知らないのだが。

そして俺は何度もこのかの膣内に射精を繰り返した、子宮まで満たされるくらいに…

━━━━━━━━━━━━━━

もう私はエッチする事にかなり慣れたみたい、股におちんちんを挿入されちゃうセックスも
気持ちよさを感じるようになっていたの、あの太いおちんちんが中で擦れると
物凄く快感を感じちゃうの、もう痛みなんて全然感じなくなっていたよ。
「あぁぁっ!あっはっ…気持ちいいよぉ~!!」
今晩も私のお腹の中で彼のおちんちんが掻き回されているよ…それはもうぐっちゃぐっちゃに
暴れてるのがわかる…それでも、私はもっともっとしてほしかったんだ。


もう本当に数日前まで痛くてたまらなかったのが嘘かと思えるくらいに、凄く感じていたのこの快感を。
「あぁぁ~~~!!!」
ドクドクドク…
そしてまた出されtる…あの熱いドロドロの液体…
セックスの後に体の奥に注がれる熱い衝撃…その正体は男の人が一番気持ちよくなると出す液体です。
私はセックスの中でも、この液体を注がれる瞬間が大好きになっていました。
その夜もそれを出されて…イってたんだ。
そうあの頭がどうにかなっちゃて真っ白になる感覚になっちゃてた…気持ち良過ぎてね。

そしてある日知りました…実はこの出されてる液体って精液という赤ちゃんの素だったそうです。
今まで知らずにお腹に注がれていたんだ、もしかしたら赤ちゃんが出来ちゃうかもしれないのに…
でも…出来ちゃってもいいかも、だってしずちゃんと私の子供だし…彼の赤ちゃんなら産んでもいいよね…
だから私は、事実を知った後も、彼に膣内出しを望みされていたの…

…違うか、そう別に今すぐに彼の子供を産みたいわけじゃないの…本当は…
理由は単純でした、出されるとやっぱり気持ちいいの…熱いのを中に出されて満たされると
物凄く気持ちよくなってしまうんだ、私…
変なのかな…赤ちゃん出来ちゃうて物凄い事なのに、それよりも激しいこの快楽が欲しかったんだ。

だから毎晩、セックスしてお腹がいっぱいになるまで射精されていきました…。

━━━━━━━━━━━━━━

二週間も経てば、このかは自ら腰を動かして俺のを受け入れるようになってた、
正常位だけでなく、後背位や騎乗位でのセックスもしてた…
「あぁ…好きぃ…おちんちん好きぃ!」
さらに卑猥な言葉も教えこませていた、あの純情だった少女がどんどん淫らなに変貌していく。
「おまんこ…もっとおまんこをしてぇ~無茶苦茶にしてよぉ!」
「あぁ!射精するぞ、このかの膣を子宮を俺ので満たしてあげるよ!」
「ひあぁぁぁ~~~!!!イクぅぅ!!」
関係を持って三週間も経てば、少しくらい地が出ても気付かれないようになっていた。
セックス中毒になったこのかは、一度行為が始まれば、もう快感を得る事しか考えれないようだ。


「もうすっかり淫乱になってしまったね…このか」
「うん…私は淫乱だよぉ、こんなにやらしいの…おちんちん欲しくてたまらないよ!」

だからこそ、昼間の彼氏との対応が笑えるのだった…
覗き見すると、いつものように笑顔で色々な話を語る少年だが、その少女は恐らくその内容など聞いてないだろ
考えてるのはエッチな事だけ、現にそんな何もしてくれない少年に空しさを感じてるようだった。
そこで俺はこのかにプレゼントをしていたのだった。
「それでね…どうしたのこのか?顔が赤いけど…」
「えっ!ううん…何でも無いの…室温が高いのかな?」
俺はバイブとローターをプレゼントしてあげた、それを面会時にこのかは今付けている
『もしも、昼間の僕にこれを付けて感じてる事がバレたら、その日のエッチは抜きだからね』
そう昨夜に言って渡しておいたのだ…よく考えればおかしい話だが、このかは必死だった。
ヴゥゥゥ…ン
その服の下で乳首とクリトリスに付けたローターが震えている、おまんこにもバイブを挿入させて
膣内を思いっきり掻き回している…その快感に狂うのを必死に我慢しているのだ。
「じゃぁ、また明日!」
バタン…
「い…いったよね…あ…あぁっ…あぁぁ~~~んっ!!!」
少年が帰ると、一気に溜めてた快感を爆発させイってしまってた。
「イ…イっちゃた…我慢できたよ、だから今晩も…エッチしてね…しずちゃん…んっ」
してあげるよ…気が狂う程に壊れちゃうくらいにさ。
そのうち、リモコンで動きを操作する物に変えてもいいかもしれない…

━━━━━━━━━━━━━━

最近、私は早く夜になってほしいなって思ってました。
夜になれば、またしずちゃんが私を気持ちよくさせてくれるから…
私は感謝してます、夜の彼に…こんな素晴らしい事を教えてくれたのですから。
今までは暗闇の世界に何の楽しみも見つけれなかったのに、今はこんな気持ちいいことを
教えてもらったのだもの、胸を揉まれる快感…キスの快感…他にも背中を摩られたり首筋を舐められたり
耳を弄られたりと…様々な快感を教えてくれたのですから。


でも昼の彼はちょっと嫌い、だって意地悪だもん…この気持ちいい事を我慢しろと言うもの
あのちょっと前までは楽しかった話も、今はどうでも良かった…それよりも夜中のように
思いっきりエッチな事をしてほしかったんだ。
せめてエッチな事をもっと教えて欲しい、この股のおちんちんを挿れる場所をおまんこと呼ぶとか、
男を喜ばせる方法とか…どうすればもっと気持ち良くなるのかとか…
バイブとローターという一人で気持ちよくなる玩具をくれたけど、
気持ちよくなってるのをバレたら駄目なんて、酷すぎる…
必死に我慢してるのに、昼間のしずちゃんは笑っているんだもの…

あれだけ大切だと思ってた昼の束の間の時間より、
もう私の中では夜のエッチする時間の方が大切になってました。
「もう思いっきり、このかのおまんこ濡れているじゃないか、洪水のようだよ」
「だって、しずちゃんが意地悪するから…私のおまんこ、おちんちん欲しくてたまらないの!」
私は自分でおまんこを拡げます…一刻も早く、おちんちんを銜えたいから
「いいよぉ~じゃぁ今日はバックでね」
「うん…ふあぁ~!!」
後ろから挿入されてくる…私の中に出し入れされていく…お腹の奥に先が当たってるよ。
やっぱり夜のしずちゃんは大好き…こんなに気持ちいいもの。
「あひゃぁぁ~…もう駄目ぇぇ…イっちゃうぅ!!」
そして私がイっちゃうと、熱い精液を射精させてもらいます…もちろん膣内に、
そういえば、この体位で射精されちゃうと子宮に流し込まれやすいらしかったけ…
そんな格好で抜かずにこの後三回も出されてしまいます、やっぱり夜のしずちゃん大好き…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関係を持って一月もすれば益々に夜の性行為はハードさを増していた、
軽いSMするように、乳首とクリトリスを洗濯バサミで摘んでみたり、アナル開発も始めてた…
当然にアナルの処女も奪い済みだ。
時にはこのかの個室部屋を抜け出して、病院の別の場所でセックスもしてた。


夜勤の看護婦の声が聞こえる場所ですると、このかの締りは格段に上がっていく…
「あぁぅ…バレちゃうぅ…でも気持ちいい…」


声を殺してするというスリルが良かったらしい、男子トイレの中でするのも良かった、
他の患者がちょくちょく訪れてきて、いつバレるかもしれないのだから…

そしてそろそろかと思いつつ、俺は関係をもってから一月以上になると、このかにある検査をさせていた。
まだ反応は無いか…目が見えないこのかに生理がきてるかは確認できないだろ。
つまり…妊娠検査をさせていたのだ。
「いいよぉ…精液出して…孕ませてぇ~!」
「あぁ…孕ませてあげるよ、このか!」
妊娠…それこそがこの計画の要だったのだ、アナルセックスができるようになっても、
俺は毎日のように膣内射精を繰り返していった…時には中に出したのが溢れないように
栓で膣を塞いでみたりしてた、中に出しては塞ぎ出しては塞ぎと…繰り返してゆく
24時間その体の中で俺の精子が存在してるように…
そして…2ヶ月くらい経った時に、ついに待ち望んだ時はやってきた…
「ひひひ…ひゃははははは!!!!」
「しずちゃん…?」
俺が急に笑い出したから、こなかは困惑していた…だが俺は笑う!
ついにきたのだ…妊娠検査薬に反応が出た。このかは、俺の子を妊娠したのだ!!

━━━━━━━━━━━━━━

この2ヶ月で私は色々な事を学びそして出来るようになりました。
フェラチオという事も学んだな、お口で男のおちんちんを舐めて気持ちよくさせる方法、
あの硬いのを口に入れて舌で絡ませて舐め刺激を与えるの…
「ひゃぁ…あむぅ…」
「いいよ、そこをもっと舌先で刺激するんだ…吸いながらね」
私は盲目だから目でそれを見る事はできないけど、
舌の感覚で気持ちいい場所を探りあてるのは結構楽しかったよ。
「うっ!出るぅ!!」
ゴブゥゥ!
「ひゃん…んんっ…んん~!」
ご褒美に粘々した精液を口に出してもらって…それ自体は不味いけど
気持ちよくさせた証だと思うと美味しく感じてしまうのです。


「全部…飲んでくれよ」
「はいぃ…んっ…んっ」
ゴックン…だから全部飲み干しています、でも下の口にも欲しいなぁ…

あと、お尻の穴にも色々と挿入されるようになってました、最初は指とか小さなのを…
汚い場所なのにって思ったけど、これが気持ちいいの…
「あぁぁ…拡がる…拡がってるぅぅ~!!」
段々とくせになってきちゃうくらいに、そして挿れられるのは大きな物へ変化していきます、。
その日も凄く太いのを挿入されてるのがわかりました…
「熱い…あぁ…中身引き釣りだされちゃう~~!!」
でもそれも慣れました、そして感じるの激しい快感を…
「うっ!!」
ドクゥゥ…
お尻の中で熱いドロドロしたのを出された時に、その太い物の正体を知りました。
おちんちんだったんだ…お尻に挿入されちゃったのは…
「もうすぐ、このアナルセックスが中心になるからね」
「はぁはぁ…えっ?どうして…」
「だってしょうがないだろ…ヤリ過ぎて流産されても困るし、安定期になるまでお預けさ」
そのしずちゃんの言葉の意味はその時は理解できませんでした。
でも後でちゃんと解ったよ、私のお腹の膨らみに気付いたから…

出来ちゃったんだ、私としずちゃんの赤ちゃんが…嬉しいな…

━━━━━━━━━━━━━━━

その日、僕はいつもの様にこのかの見舞いに来ていた、
「おっはよ~!」
気持ちよく挨拶すると、彼女はにっこりと微笑んでくれて
「おはよ、しずちゃん…うふっ」
笑顔で応えるこのか…俺はいつもの様に客人用の椅子へ腰をかけようとしてた…
「あれ?」


だがそこに何か置かれていた…『遠藤 雫様へ…このDVDをどうぞお持ち帰り下さい』
誰だろ、こんなものを…?だが僕は胸騒ぎがしていた。
あまりにも気になったので、その日は早めに帰宅する、そして自室でその数十枚も及ぶDVDの
『始めてはこれを見てネ』と書かれたのを観るのだった…

暗い病室が映った…そこはよく知っている場所だ、これはこのかの病室じゃないか!
「すぅ…すぅ…」
眠っているこのか…するとそんな彼女に顔がぼかし処理された男が近づいてきてた
「起きて…このかちゃん、僕だよ…雫だよ」
!?それは…俺の声だった、いや正確には声真似だろうけど
「ん…しずちゃん?」
「ん…あれ、もう朝なの…眠いよぉ…」
だけど目の見えないこのかには、それは僕だと思ったらしい…こいつ一体何を!
そして…そこから始まったのは、その男によってこのかが犯される光景だったのだ。
いや、このかからしたらそれは、僕との初めて結ばれた光景なのだろう…
なんという事だ…僕はただ呆然とその様子を見続けていたんだ…
すると声を加工処理したのだろうと思われる声が、DVDから聞こえてきた…
『やぁ…初めまして、このかちゃんの初めての男になった偽しずちゃんです』
こ、こいつ!
『ちなみにこのかちゃんには正体をバラしてないからね、彼女は君とエッチし続けているつもりなんだ』
それはまるで事実を再確認させるかのようだった…
『だから他の連中、特に警察なんか言っちゃ駄目だよ~このかちゃんにバレちゃうからね!』
!そうか…こいつそれで…
『このかちゃんと僕との愛の営みは、ばっちり編集してそのDVDに録画してあるから、おかずにしてね~』
こいつ…つまりこんなにDVDにまとめれる程にこのかを!
『もちろん無修正だから~それと、第一部最終巻は必ず見てね…くくく!!』
ふざけるな~!!!僕は悪夢を見てるかと思った…だがおそらく事実なんだろ…

「どうしたの?黙って…元気ないの?」
「うん…ちょっと、いや大丈夫大丈夫!」
キョトンとした表情のこのか…その可愛らしさは出会ってから変わらない、
本当にあんな事があったのかと思えるくらいだ…


ふと思う、もしかしたらあれは作り物じゃないだろうかと、最近はCG処理で色々とコラもできる時代だ
あんなDVDも作れるのだから…本当は…
だけど、どうやってそんな事を確認すればいい…どうすれば…そうだ!
ガバァァ!!
「ひゃん!!?」
僕はこのかを押し倒していた、あんなのを見たから頭が狂っていたかもしれない。
そうじゃなきゃ、こんな事はしないだろ…実際にヤレばいいんだって考えも…
「しずちゃん…昼間なのにするの?」
!?…今、このかの口から衝撃的な言葉が漏れた…。
「いいよ、ずっと昼間もしてほしいって思ってたもん」
「くぅぅぅ!!!」
それは…あのDVDが事実だという証拠だった、くそ…僕はどうにかなっちゃいそうだった。
だからそのまま欲情をぶつけようとしてた…このかの下半身を脱がしてパンツも!
雰囲気も何も無い…僕はただの獣になっていた。
僕は股間の自分のを彼女の…初めて見るアソコの中へ一気に挿入させた。
「うぁぁっ!!」
初めての女の子の中の感触…凄かった…でも、それは僕だけだったんだ。
「…ねぇ、なんかいつもと違うよ?こんなの物足りないよ…」
!!?まるで頭をハンマーで殴られたような感じだ…この時に僕の心に受けた衝撃は…
「本当に今日、変だよしずちゃん…体調がおかしいの?」
もうこのかにとっての、いつもの僕とはあいつの事だったんだ…僕じゃ満足しないんだ。
「ごめん…やっぱり昼は駄目みたいだ、体調もおかしいし…帰るよ」
「そうだね…また夜に気持ちよくさせてね」
もしも彼女の目が見えたなら…僕の泣き顔を見られるところだったかもしれない…


あれから数ヶ月、僕はこのかと会っていない…
どんな顔で会えばいいのか分からなかったんだ。
僕は死んだ眼でDVDを見ていた、当然にあのDVDだ…
あの男と好きな女の子…このかのセックスしている姿を見ている、自慰行為をしながらに…
見てる内に思い知らされる、こんな激しいセックスをしていたら僕の素人行為じゃ満足しないだろ。


あの清楚だったこのかが、あんなに淫らになってる…俺の声をした別の男に好きにされて
喜んでいるんだそれを僕だと思って…だけど本当の僕じゃ満足させてあげれないんだよ!
ちなみに最終巻と書かれたDVDはまだ見てない、あれを見たらこのかとの関係が終わると
思ってしまったのだろう…

そんなある日に電話がかかってきた、このかの病院からだ…
バキィィ!!
僕は行くなり、彼女の父親に殴られたんだ!
何故そうなったかは、久しぶりの彼女の姿を見て理解した。


「このか…」
「あっ、しずちゃん…えへへだいぶ大きくなったよ」
それはお腹を膨らませたこのかの姿だったんだ。
「もう妊娠7ヶ月目なの…もう堕ろせないわ」
看護婦の冷酷な一言…このかは僕の子だと思ってるが、別のあの男との子を孕んでしまったんだ。
「君との交際は知っていたが…もう少し良識のある子だと思ってたよ」
「でもね…あの子たら凄く喜んでいるの、あんな待遇で好きな男の子供を授かるなんて幸せな事だし…」
このかから聞いたのだろ、僕とエッチしてた事を…本当はキスすらしてないのに…

帰宅してすぐにあの最終巻と書かれたDVDを観た…何て事だろうか!
その内容は、男が妊娠検査薬でこのかを検査しているものだった。
当然に判定は陽性だった…
もしもあの時に…すぐにこれを観ていたら最悪の事態を防げたかもしれない…
もちろん僕の子だと思ってるこのかは拒否してたかもしれないが…

「責任とります…彼女は…このかは!僕が幸せにします!!」
僕は次の日に、彼女の両親にそう告げた…
例え本当は誰との子だろうが、このかは僕の子だと思って産むんだ…
だから僕が責任をとらないと…彼女を受け入れてくれる奴は他に居ないのだし
もちろん本当の事を知られるわけにはいかないから、僕が彼女を抱く事はできないだろ…
つまり本当の僕とこのかの子供は作れないんだ…もう絶対に…
でもあの日の約束を守る為にも…僕が彼女は幸せにしないといけない。


僕は法律的に結婚できる歳を迎えると、すぐに彼女と籍を入れていた。
まだきちんとした結婚式は行っていない、戸籍上の紙の上での結婚だった。
彼女は病院に居るのにに変わりは無いままだったが…
その間に、彼女は出産した…それは女の子だった、彼女似の凄く可愛い赤ちゃんだったんだ…
よかった、もしもこのか似じゃなければ、この子を愛せなかったかもしれない…

その後、このかに退院して一緒に暮らそうと言ったのだが、まだ病院の外には出たくないらしい
「ごめんね…でも怖いの…」
盲目の彼女の為に一緒に暮らす家は、そういう風に改装する事にしてたが
それでも彼女は病院から出たくないらしい…よほど慣れない外が怖いのか。

だが僕は、まだ事態を…事実を軽く見てたようだった…

それを知ったのは、数ヵ月後にまた置かれていたあのDVDだ。
恐る恐るそれを観て現実を思い知らされた…
それは妊婦状態のこのかを犯す男の姿だった、まだ陵辱の日々は続いていたんだ!
病院から退院したく無かったのは、外が怖いからじゃない…
彼女は…このかは、この病院内での性行為の虜になってたんだ。

やがて僕にある知らせが飛び込んできた…ついこの間出産したばかりなのに…
このかは二人目の赤子を身篭っていたのでした。

━━━━━━━━━━━━

俺はいつものように、このかを抱いていた
「あん…あぁ~ん!」
もう臨月を迎えるこの少女と…、奴は気づいているのだろうか
まだこのかと関係を続けている俺の存在を…
二人目の赤子を身篭って、すっかりボテ腹となった
このかとの愛の営みを録画し編集したDVDも製作快調だった、
いずれこれも送ってやるさ…さて今度はどんな顔をするのやら。


「早く産めよ俺の子を!そしたらまた種を付けてあげるから…孕ませてやるから!」
「うん…孕む!しずちゃんの…ううん、文彦さんの子を何人でも産むよぉ!!」
もうこのかは事実を知っていた、ショックを受けたものすでにこの快楽に逃れない彼女は
この関係を続ける事を選択したんだ、今では自分の意思で、
奴じゃない俺に犯される事を望んでいる…その結果がこのお腹だ!
もちろん奴はまだこのかが奴の子と信じて孕んでいると信じてるだろう、
すでに愛した少女が裏切ってるとも知らずに、俺の子を育てているんだ…笑えるぜ。
だが…これで終わりにはしない、俺は自分が死ぬ寸前まで、この盲目の少女を孕ませ続ける事にしてる…
まだ奴に事実を伝えるわけにはいかない、しずちゃん頼むぜ、俺の子をちゃんと育ててくれよ。

━━━━━━━━━━━━

それは一人目を出産した後の出来事でした…
出産したばかりというのに、しずちゃんは夜になると私をいつものようにセックスしにきてたの。
「駄目だよぉ…お医者様がまだセックスしちゃ駄目だって言ってたのに…あぁぁ!!」
それでも私の身体は反応しちゃう…気持ちよくなっちゃうの。
「やだぁ…止まらないよぉぉ!!」
そして私の腰も動かせ始めてた、彼のをもっと奥へ挿入させる為に…
そういえば今日はしずちゃんたら、セックス中に何も言葉を話しません…どうしたんだろ?
疑問に思ったけど、徐々に高まるセックスの快感に頭の中身は真っ白にとんでしまっていきます…
もう少しでイキそうになってたの…でも、急に彼は…しずちゃんは私のおまんこの中から
おちんちんを抜いたのです。
「やぁ…どうして?」
「…続けて欲しいのかい、このかちゃん?」
「ふぇ!?」
それは聞いたことの無い声でした、誰なの?
「びっくりしたかい…教えてあげるよ、僕はしずちゃんだよ」
「!!?」
私は驚きで思考が停止してしまいました…だってこさっきの男の声が、途中からしずちゃんの声に
変わったのだから…これってどういう事なの?
「わかったかな、つまり…今まで夜中にこのかちゃんを犯してたしずちゃんは俺だったんだよ!」
「!!?」


嘘…それってどういう…しずちゃんじゃなかったの!私とエッチしてセックスしてたの…
「当然に、この間産んだ赤ちゃんも、俺とこのかちゃんの子供なのさ!」
「そ…そんな…嘘ぉぉ!!!」
悪夢だった…夢であってほしかった、あんなに喜んで産んだ赤ちゃんは、しずちゃんとの子供じゃなかったなんて…
「やだぁ…嘘…嘘だぁ……ひぅっ!」
すると急に全身に快感が駆けていきます…このしずちゃんと思ってた男の人が私のおまんこの中に、
おちんちんを挿入させたからでした…しずちゃんじゃないのにどうして感じちゃうの!?
「あぁ…あぁ~!やだぁ…なんでぇ…!!」
いつものセックスの快感が溢れてくる…すごく気持ちいいよぉ、
「俺の名前は『武藤 文彦』…このかちゃんの大好きなおちんちんの持ち主さ」
「文彦さん…あぁ…ひゃぁぁ~!!」
それが今まで私とエッチしてた男の人の名前なんだ…こんな風に気持ちよくさせてくれた男の人の…
「そして、以前に昼間に味わった、このかちゃんが不満気だったおちんちんの持ち主が、しずちゃんだったんだよ」
!?…そうなんだ、あれが本物のしずちゃんのおちんちんだったんだ…あの物足りないのが…
「どうだい、彼のと改めて比べてみて…どっちが気持ちいい?」
「あぁん…文彦さんの…あぁ…方が気持ちいいですぅ…あぁ~!」
即答だった、だって比べようがないよ…この気持ちいい快感に比べるなんて…
でも、あれが私の好きな男の子のおちんちんなんだよね…
「どうする…このまま俺との関係を続けていくか、あの物足りない彼氏ので我慢するか」
やだ…あれじゃ満足できない、でも…このまま事実を知って関係を続けるなんて…
「もちろん、俺と関係を続けるなら、また産んでもらうよ…赤ちゃんを何人も孕ませてやるからね!」
「やあぁぁ…もうしずちゃん以外の人との赤ちゃんなんて…」
そんなの駄目に決まっていた…でも…この気持ちよさを捨てるなんて!
「はぁぁ~!!!」
悩んでいると、私の膣に思いっきり突っ込んできた…頭の中が真っ白になってくる…
凄く気持ちいいよぉ…やっぱり駄目ぇ!こんな気持ちいいの…止めれないよぉぉぉ!!
「私…文彦さんとの関係を…続けます…赤ちゃんも産むから…孕むから!だから…ひゃぁぁ!!」
ドクドクドク…


「あぁ…出てる…文彦さんの熱い精液が膣に…子宮で注がれてるぅ!イっちゃうぅ!!」
私は大きく痙攣してイっちゃいました、出産したばかりの膣奥に精液を注がれながら…
その精液は証だった…私が彼の…文彦さんのものになったという誓いの証だったの。

それから彼、文彦さんとの夜の営みが繰り返し行われていきます…
もう彼はしずちゃんの声真似はせずに、地声で私を犯していきます。
「文彦さんのおちんちん…気持ちいい…もっと激しく動いてぇ~!あぁぁ~っ!!」
しずちゃんじゃないのに、喜び火照る私の身体…彼の乱暴な性行為にイキまくりでした。
「おいしいよ、このかちゃんの母乳…ここに居ない僕達の子供の替わりに飲んであげるね」
「うん飲んで…あぁぁ…お乳吸われてるよぉ…ひゃぁ…」
彼によって母親の身体にさせられた私は、一回り膨らんだ乳房から母乳が出るようになってました。
「まだ少女なのに、ミルクでちゃうなんて…俺のこのかはエロイな~」
「だって…私は文彦さんの淫乱雌奴隷だもん…」
そう…私は彼の奴隷です、こうやって淫らな行為をさせられる事に喜びを感じていたの。
私…いつしか彼を文彦さんを好きになっていたかもしれない、愛と呼ぶかはわからないけど…
でも心の中で、しずちゃんよりも文彦さんの方が占めていました…
そうだよね…この性の快楽を与えてくれたのは、文彦さんだもの…好きになって当然だよ。
昼の面会時間に時々しずちゃんが来るけど、
「あのさ、この間なんてね…」
「そうなんだ」
「昨日このかのお父さんと会ってさ…」
「ふぅん」
彼との会話は彼が一方的に話してきて、私はただ相槌をいれるだけでした。
会話の内容はほとんど聞いていません…聞いてるフリをして、密かにオナニーしていました。
彼の…文彦さんの事を考えながらに…
もうしずちゃんと会ってもドキドキなんてしない、というよりも…何も感じないの。
でも感謝はしてるよ、だって…彼は文彦さんと私の子を一生懸命に育ててくれるもの。
実はしずちゃんと私は結婚するの、子供を孕ました責任をとるという形でね。
だからしずちゃんが、産んだ赤ちゃんの世話をしてました、お互いの親も協力しながらに。
「なぁ…あの約束を覚えているかな?」
「約束…」


なんだっけ…どんな約束をしてたかな…この人と…
「このかをお嫁さんにして一緒に暮らして、外で幸せにしてあげる…だったろ、だから病院を出て一緒に暮らそう!」

「ごめんね…でも怖いの…」

それは嘘だった、本当はこの病院を出たくないだけ…そう文彦さんとエッチできなくなるもん。
「ごめんね…雫くん…」
「うん、まぁしょうがないよな…」
彼はよほど落ち込んでいたようだ、だって…愛称で呼ばなかったのに気がつかないんだもん。

私が文彦さんとの二人目の子を妊娠したのは、それからすぐ後の事でした。

月日は流れ、私はもうすぐ成人になる歳になってた、なのに…もう3人も子供を産んでます。
そして、四度目の出産も間近だったの…まるで妊娠してる状態が普通みたいね私。
私はまた大きく膨らんだお腹を摩っていました、この中に宿る四度目の小さな命を感じながら…
そうなってるのは、彼が…文彦さんが毎日のように私を犯すからなの。
例え一人産んでもすぐにセックスして射精して…受精させられていく…
それの繰り返し…でも私は今の状況に満足していました、


「何を考えているのか、君の旦那は…前から言ってあるだろう、こんな短期で妊娠を繰り返すと母体がもたないって!」
それは3回目の妊娠発覚時にお医者様から言われた事でした…でもその後も結局続けて妊娠しちゃってしまい
こうなるとお医者様もあきれて何も言わなくなって、ただ溜息をつくだけでした、
「いいかい…もうこれで最後にしなさい、これ以上はもう…赤ん坊が産めない体になってしまうよ」

「…って言われたの、あぁ…あぁ~!!」
「そうか…うっ!」
ドクゥゥ…
それでも私は文彦さんとセックスする、この一月前に4人目の子を出産したばかりなのに…
「だからもう…ひぅ!」
「それは無理だな…もう俺には時間が無いのだし」
?…それはどういう事なんだろ、そして私は聞かされました…実は文彦さんの命はもう長くなかったの…


「はぁはぁ…いくぞ!また膣内にたっぷり出してあげるぜ!5人目だぁ~!!」
彼はその短い時間を私に自分の子を孕ます事に命をかけてました…そして私も…
「うん…産むよぉ!もっと産ませて~!!」
一人でも多く彼の子を産む事に賛同するのです…5人目の子を妊娠したのはすぐ後でした。

そしてまた月日は流れ5人目を無事に出産すると、また6人目の子作りに没頭するのです…
だけどそれは数日で終わりました…いつも彼が訪れる夜中になっても彼はやってきません。
どうしたんだろ…私は火照る身体を自分で慰めるしかありませんでした…

一週間が経過しても彼は現れません…そして私は思い切って看護婦さんに聞きました。
「え…武藤文彦さんて患者ですか?…あぁ!ひょっとして一週間前に急死した彼の事じゃ…あっ」
ガッシャーーーン…その看護婦さんの言葉を聞いて、私の心の奥にある何かが音をたてて崩れた
ような感じがしました、そして頬を流れる涙…光を感じない瞳から大量の涙が溢れていうたのです。

文彦さん…死んじゃったんだ…もうエッチできないんだ…やだ…やだぁぁ~!!!

━━━━━━━━━━━━━━━

このかの様子おかしいと連絡があった…僕はすぐに病院に駆けつけた、
病室のこのかを見ると本当に様子がおかしかったのだ、
「…。…。」
何かを小声で呟きながら呆然としているんだ…一体何を口にしてるんだ?
「文彦さん…やだよ…いつもみたいに犯してよ…孕ませてよ…」
!?…俺はその時、理解した…
事情は解からないが…あの男との関係が終焉したのだと。
文彦と言うのは、あの男の名前だろう…きっと奴に捨てられたのだ。

実は僕はショックと喜びを同時に感じていたのだ、まずショックだったのは
このかはもう僕だと思って男に犯されてなかったという事だ、もう本当の事を知ってたんだ。
僕じゃない、別の男性だと知って犯され…そして子を5人も孕んでいた事を…
それは僕に対する彼女の許し難い裏切り行為だった。
でもいいさ…あの男はもう居ない、これでこのかは僕の元に戻ってくるんだ。


今度こそ、この忌々しい病室から出て共に外で暮らすんだ、家族として幸せに…
「もう…いいだろ、さぁ一緒にここから出よう…外に来るんだ」
これはある意味、彼女が外に飛び出すきっかけになるだろう。
僕はそう思って彼女の手を握った…だが
「いやぁぁ~~!!ここがいい…ここに居るの!」
「このか…」
払い除けられた手を見つめ、呆然と立ちすくみます…
「やだやだ…それに、あなた誰?」
!?…確かに最近ずっと僕は彼女に会う事は避けていたけど、それで僕の事を忘れてしまうなんて…
「雫だよ…ほらこのかの恋人で、もう俺ら戸籍上だけだけども夫婦じゃないか」
少し経って、このかは思い出したようだ…しかし
「雫くん…思い出した、おちんちんが気持ちよくない人だぁ…」
!?えっ…何を言って…
「あなたとじゃ駄目…駄目なの気持ちよくなれないの…」
僕はその場であまりのショックに呆然とし、全身の力が抜けて地べたにしゃがみ込んでしまった…
そうだ、きっと…きっと…今は色々あって、彼女は…このかは正常じゃないんだ…
そう…時がきっと解決してくれる、今は駄目でも昔の…あの頃のこのかに、いつかきっと戻ってくれる!
僕はそれを待つ事にしました…もちろんそれは現実からの逃げだったのだが…
再びこのかを病院に残していく…もうあいつは居ないんだ、だからきっと…

そのしばらく後に、このかが6人目の子を孕んでいる事をしりました、あいつとの最後の子を…
そして、もう一つ…短期間で妊娠出産を繰り返したこのかの子宮では、
もう子供は作れないかもしれないと医者から言い渡されてしまったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━

あたしは『遠藤ことみ』6歳です、あたしの家族には6人の姉妹がいて長女なんだよ、
若いパパと一緒に暮らしているんだ…本当はママも居るのですが、病院で長いこと入院しているの。
「ねぇパパ…どうして病院のママと会っちゃだめなの?」
そう、実は私…物心ついた頃からママと会った事がありません、会っちゃだめって言われてるの。
「…ママはね、とても重い病気なんだ…だから会っちゃいけないんだよ」
「そうなんだ…でもいつか治って一緒に暮らせるよね」


私の夢は、家族全員で暮らす事でした、早く退院してくれるといな…
「あぁ…そうだな、いつかきっと…うぅ…」
「パパ…あっ…」
ママの事を話すと、パパはいつも泣いてしまうのです…どうしてなんだろ。

「このか…このか~!!」
「私…ことみだよ、パパ…」
こうなるとパパは、私をママだと思うようにぎゅって抱きつくの…
きっと私がママに似てるらしいからだと思う…でも嫌じゃないよパパ好きだし
ねぇ…ママ…パパは悲しんでいるよ?早く戻ってきてよ…ママ…
それまで私がパパを慰めておくからさ…

ママは今、病院で何をしてるのかな…

━━━━━━━━━━━━━━━

文彦さんが死んでから月日は流れました、でも私はまだ病院にいます、何故なら…
「ひゃぁ…あぁ…んっ!」
「噂は本当だったんだな…この病院に肉便器がいるなんて!」
今…私は犯されてます…今日はこのブヨブヨとした巨漢の男に犯されていました。
「あぁ…ぁぁ~!!」
「盲目の美人を好きに犯せるなんて…入院中は毎日きてやるよ!」
「はあぁ…はいっ、いつでも犯して下さい…私をこのかを犯して~!」
それは文彦さんが最後にネットを使って一つの噂を広めたのです…
この病院のある患者は好きにやらせてもらえる便器女だと…
その噂を聞きつけた人が毎晩のように、この私を犯しにきてるのです…
そして好きなだけ、膣やアナルや口にと精液をぶち撒けていくの…
もう子供を産めなくなったから孕む事はないし、膣内出しされても問題ないもの。
「しかし酷い事を書かれてるな…『おまんこし放題』とか『雌豚』とかさ」
私は見えないけど、どうやら私の身体には色々と落書きされてるらしかった。
「じゃぁ俺は…『精液便所』と油性ペンで書いておくよ、おまんこの上にね!」
「はい…書いてぇ…私、本当に精液便所だもん!」


もう私の人間としての尊厳は完全に無くなっていました…
この後も色々な人が来て私を様々な方法で犯していくのです。
私は目が見えないから、どうなってるのかわからないけど…
かなり凄い事をされてるのは感覚でわかります…
でも看護婦さん達にバレないように気を付けてほしいな…
でも大丈夫かも、最近は男の看護士さんが私専用の担当になってるらしく、
彼が色々としてくれてるみたいなのでした。
もりろん、その看護士さんも私を犯すよ、ほぼ毎日ね…

「ヒャンヒャン!」
「あぁ…あぁぁ~~~!!!」
今日の相手は何か変でした、まるで犬の鳴き声を常にしていてて…
体毛も凄いし…まるで本当の犬みたい…
でもそんなわけないよね…鳴き真似の得意な人なんだきっと。
でもこの人のおちんちん凄いなぁ、こんな硬くて大きいの初めてかも
「ウ~…ヒャン!!」
ドグゥドグゥ!!!
あはっ…もう膣出しされちゃた…あれ?
ドクドクドクドクゥ…
うわぁ…なんだか長いよこの射精…それに膣で何か膨らんでいるみたい。
でも凄く気持ちいいよぉ…イク、イっちゃうう!!!
「あぁぁ~~~~~!!」
大きく喘いでイっちゃいました…でも、まだ射精が止まらないの…またイっちゃいそうだよ。

「うわぁ…犬と交尾してるよこの女の子…すげぇ、犬相手にイっちゃてる!」
それは、あの看護士さんの声でした…
「ワウゥ!」
!?…本当に犬としちゃってるの私…人間じゃない犬と!
「本当に出来るか試したのだけど…できるものなんだな、苦労して忍ばせたかいがあったぜ」
そう…実は私ったら、看護士さんが連れてきた犬と交尾させられちゃってたの。
「あぁ…あぁぁ~~!!」


またイっちゃた、やっと射精が済んで終わったかと思ったのに、実はまた私の膣内に
この犬はおちんちんを挿れてきたんだよ、よほど気に入ったみたい…
「あはは…犬としちゃったよ、もう私は人間じゃないんだね…雌犬なんだ…」
もちろんまた落書きが増えました、今度は『メス犬』だって…

もう私の扱いは人間のものじゃ無くなっていました、ただの性欲処理道具として扱われてる…
暗闇の世界でただ肉欲を貪る卑しいメス…それが私なの。
でも…そんな生活が幸せなんです…快楽の…気持ちよくなるなら、この身がどうなっちゃても良かったんだ。

そんなある日、ある事に気付きました…私のお腹が膨れてきてたのです。
もう子供は産めないと言われてたのに、まだ産めたんだ。
でも今度は誰の子かな…犬さんだったら困るなぁ…

まぁ、誰のでもいいんだけど…またよろしくね、しずちゃん…


「あれ…しずちゃんって誰の事だっけ?」

Last Update : 2008年12月15日 (月) 9:15